カロリーの高い食事は痛風の症状を引き起こす~痛風予防ガイド~

現代病の一つである

目を触る女性

目の疲れの慢性的症状

眼精疲労は目の疲れが重くなった症状です。症状が軽いうちは疲れ目と区別されます。疲れ目は一晩寝ることによって回復します。しかし休憩や睡眠をとっても目の疲れが取れず、頭痛やかすみ目などの症状が継続するのが眼精疲労です。眼精疲労は放置すると視力の低下や、身体の痛み、胃痛や食欲不振などの症状が加わることが多く、うつに発展するケースもあります。目だけではなく体全体に悪影響を及ぼす可能性が高いため眼精疲労は早期改善が必要になってくるのです。眼精疲労になる要因は様々です。一つに要因だけでなく複数の要因が複雑に絡み合って発症します。一つ目の要因は最近多くなっているパソコン作業などの影響です。モニターの高さや部屋全体の明るさなどが影響しています。

ドライアイが進行させる

二つ目の要因は、心的な要因です。これはストレスや神経症などが影響するものです。最後の要因は、目の疾患がある場合に伴うものです。緑内障など気づかずに進行している場合などには眼精疲労しやすくなります。眼精疲労を促進する要因にドライアイがあります。パソコン作業などを長時間行うと目を酷使するため瞬きの回数が減少します。そのためドライアイに悩まされる人が増加しています。意図的に瞬きをするなどの工夫を行わないと疲労を進行させてしまうため気を付けなければならないのです。主な治療法は点眼です。眼科で診断されるとビタミンなどの栄養素が入った点眼薬を処方されます。さらに温めたり冷やしたりして目の周りの筋肉の硬直を根本的に解決させる方法も行われます。