カロリーの高い食事は痛風の症状を引き起こす~痛風予防ガイド~

更年期の症状と改善方法

栄養補助食品

更年期の症状

更年期障害は45歳を過ぎたころから始まる女性の体調不良のことをいいますが、近年では30歳後半からに悩む人が少しずつ増えています。症状が軽度の場合は食生活とサプリメントなどで改善していきますが、重度の場合は病院での治療が必要です。更年期障害はうつやイライラなどの精神的な症状を発症する場合もあります。様々な症状を乗り越えるにはどのように対応したら良いのでしょうか。更年期障害には卵巣の働きと女性ホルモンの分泌が関係しています。女性は40歳を過ぎた頃から卵巣の機能が衰えるようになり、卵巣から出される女性ホルモンの量が急激に減少します。女性ホルモン量の減少は自律神経を不安定にさせてしまいます。その結果、不眠やほてり、発汗などの症状に繋がっていきます。

様々な対策

更年期障害は女性ホルモンバランスの乱れが原因で起こります。病院での治療は、ホルモン補充療法で女性ホルモンバランスを整えたり、精神的な症状を抑えるための抗うつ剤などの薬が使われます。薬を使うことに抵抗がある場合は、サプリメントなどを利用するのも1つの方法です。サプリメントで急激に減少した女性ホルモンを補うには、大豆イソフラボンの成分が有効です。大豆イソフラボンは豆腐や納豆、きな粉、みそなどの食品に含まれているもので、女性ホルモンと似た成分を持っています。大豆からできた食品とイソフラボンサプリメントを利用することで更年期障害の症状は改善していきます。漢方薬にも更年期障害の症状を改善するものがあります。漢方薬は生薬由来のものでつくられていますから、薬に抵抗感がある人は検討してみましょう。更年期障害には骨粗しょう症の症状も含まれていますのでカルシウムやビタミンDなども摂ることをお勧めします。